読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消せるクリーム?|ディアフルランの効果は?

ほうれい線は本当にイヤなものですよね?ほうれい線があるかないかで顔の印象がかなり変わってきます。数社の雑誌で取り上げられた「ディアフルラン」クリームの効果に注目していきたいと思います。

ほうれい線が出来にくい人の習慣は?|3つの意外な事実

 
 
 

ほうれい線に限らず、ニキビや吹き出物もそうですが、

どうしても、出来にくい人と出来やすい人がいます。

人間は、生まれた環境や食生活、または、「生まれつき」という言葉から、

生まれたときから決まっているものもあるでしょう。

さて、ほうれい線はどうなのでしょうか?


ほうれい線の出来やすさ・出来にくさの1番の原因は、

「習慣」であるといわれています。

では、

「ほうれい線が出来にくい習慣」とはどんなものでしょう?

 


【ほうれい線が出来にくい人の3つの習慣】

1.背筋がきちんと伸びている

まさに意外ですよね?

「背筋と顔に何の関係があるの?」

と思われた方も多いと思います。

しかしこちんとした根拠があるのです。

「猫背は肩こりの元」とよく言われていますが、

近年、

「猫背はすべての凝りの原因である」とまで言われるようになってきました。

背筋が丸まっている状態=リラックスできていないのです。

試しに背筋をゆっくり丸めていってください。

力が入っていってるのがわかると思います。

この力というのは体全体にかかっているのです。

もちろん、顔も例外ではありません。

猫背になることによって顔の筋肉にも力が入っていき、

結果としてほうれい線が出来やすくなります。

「ほうれい線は顔の凝り」といっても過言ではありません。

今日から背筋を伸ばすことを意識してみてはいかがでしょうか?


2.パソコンやスマホを使うときに休憩をとる

猫背と少しかぶるところもありますが、

パソコンやスマホを使うときにも力は入っています。

これも凝りに大きく関係してるからです。

いわゆる

「目の凝り」というものですね。

パソコンやスマホで目を使うと、

目だけでなく「目の筋肉」が凝ります。

「目・腰・肩」と言われるくらい、

目の凝りは全身に広がっていきます。

それによって、

同じようにほうれい線が出来やすくなってしまうんですね。

パソコンやスマホに触れる1時間のうちに5分でもいいです。

休憩してみてください。

その5分は大きな5分間となるでしょう。


3.食べるときに両方の歯できちんと食べる

いわゆる「片側噛み」と呼ばれているものにも

注意が必要です。

片方の歯(又はあご)ばかりを使って食べていると、

「顔の筋肉」のバランスが悪くなります。

このバランスの悪さが筋肉の低下につながります。

それによってほうれい線が出来やすくなります。

食べるとき、少しだけ意識して両方の歯で物を噛むように

してみませんか?


以上が大事な3つの習慣です。

いかがでしょうか?

悪い習慣をしてしまっている人はぜひこの機会に

ぜひよい習慣に変えていってくださいね。