読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消せるクリーム?|ディアフルランの効果は?

ほうれい線は本当にイヤなものですよね?ほうれい線があるかないかで顔の印象がかなり変わってきます。数社の雑誌で取り上げられた「ディアフルラン」クリームの効果に注目していきたいと思います。

10代でもほうれい線ができるの?|気をつけたい3つのこと

 
 
 

みなさんは、

ほうれい線にどういうイメージを抱いていますか?

「40代くらいから」出来る
「老化によって」できる

というようなものではないでしょうか?


しかし最近は、

10代でもほうれい線で悩んでいる人もいるのです。

華の10代でも悩んでるんよ。

びっくりですよね?


なぜこんなに低年齢化してきたのでしょうか?

また、どう対策すればいいのでしょうか?

原因や対策を見ていきましょう。

 


【10代できるほうれい線の原因と対策】


1.紫外線によるもの

紫外線は肌の最大の天敵と言われていますよね。

もちろん、

ほうれい線にとっても天敵です。

この紫外線にはイヤな特徴があるんです。

それは、

「年齢関係なく肌にダメージを与えること」なのです。

ですから

10代でも油断は全くできないのです。

紫外線対策はしっかりとしておいたほうがいいですね。

最近では、

紫外線から肌を守るクリームやグッズなどがたくさん出ているので、

どんどん活用していきましょう。


2.パソコンやスマホの使いすぎ

パソコンやスマホといった便利な道具がでてから、

友人や知人との会話が極端に減ったといわれています。

特に高校生や大学生には多いようですね。

パソコンやスマホの酷使は目の筋肉だけでなく、

肌全体の筋肉を衰えさせてしまう原因となります。

その結果、ほうれい線が出来やすくなります。

休憩を挟みながらの使用をお勧めします。


3.無理なダイエット

最近若い人たちでは「過剰ダイエット」が流行してますね。

40キロを切るような人も普通に町中にいます。

実は、このような無理なダイエットも

ほうれい線が出来る原因となっています。

なぜなら、

多くの過剰ダイエット=食事制限ダイエット

という図式になっているからなんです。

極端に食事制限をすると、

筋肉に必要な栄養素がとれずに、

筋肉がどんどん落ちていくからです。

もちろん、肌の筋肉も落ちていきますので

ほうれい線が出来やすい体になってしまいます。

対策については言うまでもありません。

過度な食事制限をやめて、

適度な運動をすることです。

 


以上が、

10代の人がほうれい線を作ってしまいやすい原因と対策です。

思い当たることがある人は要注意です。

肌も外側をキレイにするだけでなく、

筋肉を落ちない工夫も混ぜていくといいでしょう。