読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消せるクリーム?|ディアフルランの効果は?

ほうれい線は本当にイヤなものですよね?ほうれい線があるかないかで顔の印象がかなり変わってきます。数社の雑誌で取り上げられた「ディアフルラン」クリームの効果に注目していきたいと思います。

噛み方でほうれい線が出来にくくなる?|ここを見直そう

ほうれい線の出来やすさ・出来にくさ
 
 
 

ほうれい線が出来やすくなったり、

逆に出来にくくなる理由の1つに

「噛み方」があるということを

あなたは信じれますか?


一見何の関係もなさそうな

「ほうれい線と噛み方」

でもここに意外な事実が潜んでいるのです。

 


今、何も口に入れていない状態でもいいので

ガチガチ噛んでみてください。

頬の筋肉が上下に揺れているのがわかりますか?

分からない場合は、

頬を押さえてみると分かりやすいと思います。


私の言ってること、

理解されたでしょうか?

「噛むことは頬の筋肉を動かすこと」です。


では、

それがどう「ほうれい線」と関係しているのか?

説明していきますね。

 

【噛み方とほうれい線の関係】

そもそも、

ほうれい線の出来る原因は色々ありますが、

その中の1つに

「顔の筋肉が硬い」

というものがあります。


「体操選手が最も時間をかけていること」

って何かわかりますか?

それは柔軟体操です。

アスリートは

このストレッチを筋トレ以上の時間行うと言われています。

それくらい、

筋肉を柔らかくすることって大事なんですね。


実は肌も同じなのです。

ストレッチをさせて柔らかくすると、

ハリも違えばほうれい線も出来にくいのです。

肌の筋肉を柔らかくすることの1つが

「噛むこと」なのです。

昔から「よく噛んでから食べる」ことを教わりましたが、

肌にもとてもいいことだったんですね。

 

【ほうれい線が出来にくい噛み方】

では、

ほうれい線が出来にくい噛み方ってどんな噛み方なのでしょう?

それは

「出来るだけ左右均等に噛む」ということです。


実際に、

ほうれい線が出来やすい人の特徴の1つに

「片噛みが多い人」が挙げられます。

片方の歯・片方のあごだけを使うと

肌のバランスが悪くなります。

この「バランスの悪さ」がほうれい線を作ってしまうのです。


ということは、

1.よく噛んで食べる
2.左右均等を心がけて噛む

この2点を守るだけで、

ほうれい線が出来る可能性がかなり低くなります。

もちろんほうれい線だけでなく、

肌の様々なトラブルの予防になります。

 

いかがでしょうか?

ほうれい線と噛み方の関係が理解できましたでしょうか?

噛み方に注意して、

ほうれい線の出来にくい肌を作っていきましょう。