読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消せるクリーム?|ディアフルランの効果は?

ほうれい線は本当にイヤなものですよね?ほうれい線があるかないかで顔の印象がかなり変わってきます。数社の雑誌で取り上げられた「ディアフルラン」クリームの効果に注目していきたいと思います。

ほうれい線に効くものは?プラセンタ?コラーゲン?

 
 
 

今日は、

ほうれい線に効く成分についてのお話です。

「プラセンタとコラーゲンはどちらが効くのか?」

を見ていきましょう。

どちらも肌にいいとされている成分ですが、

ほうれい線を消す目的としてふさわしいのは

どちらでしょうか?

 

【コラーゲンの特徴】

コラーゲンとは骨や皮膚などを作るアミノ酸の1つです。

つまり、

潤いやハリを作り出す効果があります。

シミやしわがある方や爪が弱い方に

コラーゲンが適しているといえるでしょう。


【プラセンタの特徴】

皮膚を作り出すコラーゲンに対して、

「復活させる」「回復させる」特徴を持つのが

プラセンタです。

疲れているときや二日酔いの時に適しているのが

このプラセンタです。

寝不足でのくまをけしたりするのだったら、

コラーゲンよりプラセンタのほうがお勧めです。


【ほうれい線にはどっちがいいの?】

さて、

このコラーゲンとプラセンタですが、

結局、ほうれい線消したり予防するためには

どちらが向いているのでしょう?

結論から言うと、

両方いい成分なのですが、

「どちらかというとプラセンタ」というところです。

今までの説明からすると、

コラーゲンのほうがいいように感じますよね?

新しい皮膚を作り出すのですから。

ですが、

プラセンタはコラーゲンのアミノ酸効果に栄養素を足した

ものなので、プラセンタのほうが成分としては、

よりよいと感じられます。


【プラセンタ唯一のデメリット?】

ですが、

プラセンタにもデメリットがあるのです。

それは、

サプリメントで摂取することが多いですから(注射を除く)

栄養素として体に届きにくい。

ということです。

サプリメントは確かに内側から効きますが、

正直に言って、

まだまだ浸透率が低いのが現状です。

成分のほとんどが排出されていってしまうのです。

もちろん、

現在はサプリメントを製造する技術が進んでいるので、

以前よりは浸透率も高くなりましたが、

まだ技術向上の途中段階といえます。

唯一のデメリットと言えるでしょう。


【コラーゲンとプラセンタの使い分け】

コラーゲン配合の美容液を使いながら、

プラセンタサプリメントを摂取する。

こういう風に使い分けるといいと思われます。

「ほうれい線に効く成分はこれがいい」

とは一概には言えませんが、

あえて言うとすると、

ヒアルロン酸>プラセンタ>コラーゲン

というイメージですね。

 

いかがでしょうか?

ほうれい線に効く成分比較として

「コラーゲンとプラセンタ」について

お話しました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ほうれい線のない生き生きとした肌に

していきましょう。