読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほうれい線を消せるクリーム?|ディアフルランの効果は?

ほうれい線は本当にイヤなものですよね?ほうれい線があるかないかで顔の印象がかなり変わってきます。数社の雑誌で取り上げられた「ディアフルラン」クリームの効果に注目していきたいと思います。

20代でもほうれい線ってできるの?|20代の対策は?

年代別
 
 
 

20代という若さでもほうれい線って

できるのでしょうか?

ほうれい線のイメージとしては、

30代以降ではないでしょうか?

今回は

「20代にほうれい線ができるのか?」

「予防と対策は?」

についてお話していきますね。

 


【20代でもほうれい線ってできるの?】

まずこれが大きな疑問です。

ほうれい線=老化 というイメージがあるので、

20代にほうれい線が出来ないと思っている人も

多いのではないでしょうか?

しかし、

現代社会は

「20代どころか高校生でもほうれい線で悩んでいる人がいる」

というのが現状です。

もちろん、

人数でいうと30代、40代の方が多いでしょう。

しかし安心はできません。

「20代にもほうれい線は出来る」ということを

覚えておいてくださいね。


【なぜ20代にもできるの?肌は若いのに】

確かに20代の肌は相当若いです。

老化現象が始まることはまずないでしょう。

ではなぜ若いお肌にほうれい線ができたりするのでしょう?

簡単にいうと、

「老化ではなく疲れ」です。

特に20代に多いのが、

「目の疲れ」です。

スマホやパソコンをみることが多い20代の人は、

目の筋肉が疲労しているのです。

目が疲労するとどういうことになるかというと、

肩や首、更には、肌の筋肉が凝ってきます。

この「お肌の凝り」がほうれい線を作り出してしまうのです。


【20代にできるほうれい線への対処法は?】

ほうれい線が出来た場合も、その前(予防)も、

方法は同じです。


1.猫背にならない

猫背になると、

上に挙げた筋肉の凝りがひどくなります。

肌の筋肉も凝りやすくなるので、

当然ほうれい線も出来やすくなります。

背筋を張るクセをつけておいたほうがいいですね。


2.顔をマッサージする

身体を柔らかくするためにストレッチが必要なように、

お肌の筋肉も柔らかくしてあげることが必要です。

1日5分でいいので、

洗顔時に顔をマッサージしてみてください。

気持ちよくなるのと同時に

筋肉も少しづつほぐれていくことでしょう。

 

いかがでしたか?

今日は「20代にほうれい線ができるか?」

「その対策」についてお話してきました。

20代という若い肌を保って、

ほうれい線の出来にくいお肌にしていきましょう。